今スグ知りたい子宮の病気!


誰にでも子宮の病気になる可能性はあるんです!



妊娠、出産希望なら早期発見を!


子宮の病気

妊娠を希望している人に、ぜひ行っていただきたいのは定期検診です。

妊娠したいと考えている人は、自分自身の健康についても心配りをしている人が多いと思います。

健康な体でなければ、妊娠が出来ない訳ではありません。

様々な疾患を抱えながら、妊娠をし無事に出産をされる方も多いです。

しかしながら、病気を抱えたままの妊娠は
母体にはもちろん胎児の生育にも大きな影響を与える可能性があるのです。

特に気をつけたい病気のとしてあげられるのが、婦人科系の病気です。

子宮内膜症の場合、子宮外に子宮の細胞が増殖する事が原因で
チョコレート嚢胞などの疾患を抱えると、妊娠する事が難しくなる可能性があります。

子宮筋腫は、子宮内にこぶが出来る病気で
出来る場所によっては妊娠する事が難しくなります。

子宮内膜増症は、子宮内の内幕が刺激により異常に増殖してしまう病気です。

この病気も、妊娠の妨げとなる可能性が高くなります。

場合によっては、ガンの原因となる可能性もあるのです。

もちろん妊娠してからも検診を受けることで、
生まれてくる赤ちゃんの先天性異常などを早期発見することが可能です。

最近では高齢出産が増えたのでこのような胎児ドックも一般的となってきました。

妊娠したい、出産したいと考えている方は定期検診をきちんと受けて、
妊娠の妨げとなる可能性のある病気を早期発見し早期治療する事で、
母子ともに負担のない妊娠と出産が出来るようにしましょう。






Copyright (C) 2014 今スグ知りたい子宮の病気! All rights reserved.